CBS LEATHER [Leather Pro Shop]  


革について



良い革、悪い革のお話し
革の種類
革の製造工程
革のダメージ
   
革の種類


(1)原料皮による分類 (2)革のタイプによる分類 (3)仕上げ方法による分類

(2)革のタイプによる分類
<銀付革>
天然の革の銀面を活かしたもので、カゼイン及びラッカー仕上げされるものが多く、美しい銀面と優れた耐久性、快適な使用感を備えています。
<ガラス張り革>
主として成牛皮を使い、なめした革を平滑なガラス板(あるいはホーロー鉄板)に張りつけて乾燥し、銀面を平らにしサンドペーパーで軽くこすって表面を塗料で仕上げたものです。堅牢で手入れが簡単です。
<スエード革>
ベルベットのような外観を与えるために、バフまたは毛羽立て機で肉面の繊維が非常に短く仕立てられた革。
<バックスキン>
本来は大鹿革の銀面をバフして、スエードのように仕上げられた革のことです。
<ヌバック>
銀面をスエードより軽くバフして仕上げられた革のことです。
<床革>
銀面または肉面に平行に2つに分割されたもので、銀面層以外のものを床革といいます。
ケバをバフしスエード調に仕上げたもの、型押ししたものなどがあります。
また、やや毛足の長いものをベロア革と称しています。
<シュリンクレザー>
縮革とも称します。なめしの工程中に、薬品を用いて革を縮めたもので表面にシワを生ずるので、変わった趣があります。
<エルク>
本来は大鹿の革ですが、現在では、クロームなめしの牛革をやわらかくもんだものをエルクと呼んでいます。
<型押革>
革の表面に加熱高圧プレスで型をつけたものです。自動車の内装に使われる革のほとんどがこの型押革です。

BACK<< >>NEXT




  ホームページに戻る ページのトップに戻る  
  革について会社概要お問い合わせ Copyright 2004 CBS Corporation. All Right Reserved.